イッツ・オール・ライト / ウィントン・ケリー・トリオ +2

 
<曲目>
1. イッツ・オール・ライト
2. サウス・シーズ
3. ノット・ア・ティアー
4. ポートレイト・オブ・ジェニー
5. ケリー・ロール
6. フォール・オブ・ラヴ
7. ムーヴィング・アップ
8. 山道を往く
9. エスカペード
10. ワン・フォー・ジョア
 
<パーソネル>
ウィントン・ケリー(p)
ポール・チェンバース(b)
ケニー・バレル(g)
ジミー・コブ(ds)
キャンディド(per)
トミー・レイ・キャリブ・スティール・バンド・・・#6のみ
 
1964年3月10日,11日、19日
ニューヨーク、ウェブスター・ホールにて録音
 
 
このアルバム「イッツ・オール・ライト」の動画をアップするのは初めてだが、過去にもこのアルバムの記事を載せている。ご機嫌な良いアルバムはいつ聴いてもよいから仕方ないね!!
 
ウィントン・ケリーがギターのウェス・モンゴメリーと共演してハードバップな丁々発止を演じたことは、あの有名なアルバム「スモーキン・アット・ザ・ハーフ・ノート」で聴くことが出来るが、一方このアルバムはギターにケニー・バレルとコンガのキャンディドを迎えたクインテットの演奏で、ラテン・リズム要素を加味したより軽快な演奏となっているのが良い。コンガを含めただけでこんなにも軽快になるとは思わなかった。
 
私はウィントン・ケリーのトリオ演奏も好きだが、カルテットやクインテットなど他の楽器をフロントに置いた演奏スタイルも好きだ。その理由は他の楽器に触発されたウィントン・ケリーの乗り乗りなアドリブにより、高度なテクニックとグルーヴ感を引き出してくれるからだ。
 
さて、ウィントン・ケリーだが、あの皇帝マイルス・デイビスに「ケリーは煙草に火をつけるマッチのような男だ。彼がいなけりゃ煙草に火がつかない。」と言わしめたように、当時から結構多岐に渡って沢山の共演者と演奏活動を行なっていたようだ。 
 

縁は異なもの(What a difference a day makes)  / ダイナ・ワシントン

youtu.be

 

<曲目>

1.アイ・リメンバー・ユー

2.君のことばかり(アイ・ソート・アバウト・ユー)

3.ザッツ・オール

4.アイ・ウォント・クライ・エニモア

5.アイム・スルー・ウィズ・ラヴ

6.クライ・ミー・ア・リヴァー

7.縁は異なもの (ホワット・ア・ディファレンス・ア・デイ・メイクス)

8.ナッシング・イン・ザ・ワールド

9.マンハッタン

10.タイム・アフター・タイム

11.サンデイ・カインド・オブ・ラヴ

 

<パーソネル>

ダイナ・ワシントン (ヴォーカル)

ベルフォード・ヘンドリックス・ストリング・オーケストラ

ダイナ・ジャムズ(2) / ダイナ・ワシントン

youtu.be

 

<曲目>

1.ユー・ゴー・トゥ―・マイ・ヘッド

2.ダーン・ザット・ドリーム

3.クレイジー・ヒ―・コールズ・ミー

4.アイル・リメンバー・エイプリル

 

<パーソネル>

ダイナ・ワシントン (ヴォーカル)

クリフォード・ブラウン (トランペット)

クラーク・テリー (トランペット)

メイナード・ファーガソン (トランペット)

ハーブ・ゲラー (アルト・サックス)

ハロルド・ランド (テナー・サックス)

ジュニア・マンス (ピアノ)

リッチー・パウエル (ピアノ)

キーター・ベッツ (ベース)

ジョージ・モロウ (ベース)

マックス・ローチ(ドラムス)

 

1954年8月14日 ロス・アンジェルスにて録音

ダイナ・ジャムズ(1) / ダイナ・ワシントン

youtu.be

 

<曲目>

1.ラヴァ―・カム・バック・トゥ―・ミー

バラード・メドレー  

2.アローン・トゲザー  

3.サマータイム  

4.カム・レイン・オア・カム・シャイン

5.ノー・モア

6.アイヴ・ゴット・ユー・アンダー・マイ・スキン

7.ゼア・イズ・ノー・グレイター・ラヴ

 

<パーソネル>

ダイナ・ワシントン (ヴォーカル)

クリフォード・ブラウン (トランペット)

クラーク・テリー (トランペット)

メイナード・ファーガソン (トランペット)

ハーブ・ゲラー (アルト・サックス)

ハロルド・ランド (テナー・サックス) ジュニア・マンス (ピアノ)

リッチー・パウエル (ピアノ)

キーター・ベッツ (ベース)

ジョージ・モロウ (ベース)

マックス・ローチ(ドラムス)

 

1954年8月14日 ロス・アンジェルスにて録音

ボーン・トゥ・ビー・ブルー / ベヴァリー・ケニー

youtu.be

 

<曲目>

1.ボーン・トゥ・ビー・ブルー

2.イズント・イット・ア・ピティ

3.フォー・オール・ウィ・ノウ

4.イット・オンリー・ハプンズ・ホエン・アイ・ダンス・ウィズ・ユー

5.アゲイン

6.アイ・ウォーク・ア・リトル・ファースター

7.ゴー・アウェイ、マイ・ラヴ!

8.ビヨンド・ザ・ネクスト・ヒル

9.イッツ・ア・ブルー・ワールド

10.ヴァニティー

11.サムホエア・アロング・ザ・ウェイ

12.ホエア・キャン・アイ・ゴー・ウィズアウト・ユー

 

1958年10月録音

ジ・インティメット・エラ(2) /  エラ・フィッツジェラルド

youtu.be

 

<曲目>

1.ミスティ

2.セプテンバー・ソング

3.ワン・フォー・マイ・ベイビー(アンド・ワン・モア・フォー・ザ・ロード

4.フーズ・ソリー・ナウ

5.アイム・ゲッティング・センチメンタル・オーヴァー・ユー

6.リーチ・フォー・トゥモロー

 

<パーソネル>

エラ・フィッツジェラルド (ヴォーカル)

ポール・スミス (ピアノ)

ジ・インティメット・エラ(1) / エラ・フィッツジェラルド 

youtu.be

 

<曲目>

1.ブラック・コーヒー

2.エンジェル・アイズ

3.アイ・クライド・フォー・ユー

4.アイ・キャント・ギヴ・ユー・エニシング・バット・ラヴ、ベイビー

5.ゼン・ユーヴ・ネヴァー・ビーン・ブルー

6.アイ・ハドゥント・エニワンティル・ユー

7.マイ・メランコリー・ベイビー

 

<パーソネル>

エラ・フィッツジェラルド (ヴォーカル)

ポール・スミス (ピアノ)