レイ・ブライアント・トリオ No.2

youtu.be

 

MJQでおなじみの「ジャンゴ」は、約一分強の静かなイントロからちょっと溜めてテーマに入る瞬間が絶妙で、その後はアイザックスに寄り添うように語りかけていて面白い。
ザ・スリル・イズ・ゴーン 」はブライアントの柔らかいピアノから始まるが、少々もの憂げで叙事詩的なところが、我々日本人に好まれる条件となっているのだろうか。
「ダフード」はクリフォード・ブラウンの作曲だが、ブライアントは楽しさあふれんばかりにスイングしており、スペックス・ライトのブラシ捌きも楽しめる。
最後の「ソーナー」のイントロはどこかで聴いたような記憶があるが、ピアニストのジェリー・ウィギンスとソニー・クラークの作曲だという。モダン・ジャズのスタンダードをこなしているブライアントにしてみれば、ピアニストの曲はさすがもお手の物で、難なくスインギーにこなしている。

 

<曲目>

1.ジャンゴ

2.ザ・スリル・イズ・ゴーン

3.ダフード

4.ソナー

 

<パーソネル>

レイ・ブライアント (ピアノ)

アイク・アイザックス (ベース)

スペックス・ライト (ドラムス)

 

1957年4月5日録音