クラブハウス No.1 / デクスター・ゴードン

youtu.be

 

デクスター・ゴードンのこのCDはジャケットがいいでしょう。だから衝動買いだったのです。

 

もちろんその取り巻きもいいですね。バリー・ハリスを中心としたピアノ・トリオはもう言うまでもありませんが、フレディー・ハバードのトランペットとデクスター・ゴードンのテナー・サックスと2管を配したクインテットの演奏となっている。

 

全6曲のうち3曲がデクスター・ゴードンのオリジナルで、残り3曲をバラードを含めたスタンダードで構成されている。

 

1曲目はゴードンのオリジナルで、ブルース・マーチを髣髴させる曲で、テーマに続くゴードンのテナーが心地よい。続くフレディー・ハバードのトランペットは、はち切れんばかりに溌剌としていて、バリー・ハリスのピアノはしっとりと歌い上げている。最後にテーマに戻ってエンディングを迎える。

 

2曲目はゴードンのこれぞ真骨頂といわれる重厚なバラードとハバードのそれに勝るとも劣らない演奏がたまらない。

 

3曲目もゴードンのオリジナルでこのCDのタイトル曲となっているが、淡々とリズムを刻んでいるリズムセクションをバックにゴードンとハバードの心地よい演奏が繰り広げられていく。
 

<曲目>

1.ハンキ-・パンキー

2.アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー

3.クラブハウス

 

<パーソネル>

デクスター・ゴードン (テナー・サックス)

フレディ・ハバード (トランペット)

バリー・ハリス (ピアノ)

ボブ・クランショー (ベース)

ビリー・ヒギンズ (ドラムス)

 

1965年5月27日録音