これがフレディ・ハバードのブルー・ノートへのデビュー曲だ🎵🎵

フレディ・ハバードがブルー・ノートへ録音したデビュー・アルバムがこの「オープン・セサミ」である🎵

冒頭の曲はテナー・サックス奏者のティナ・ブルックス作曲による「オープン・セサミ」だが、ブルー・ノートへのデビューにふさわしい曲ではないか。ブルックスも憎いことをしたもんだ🎵🎵

付け加えるならば、ピアノのマッコイ・タイナーも、ドラムスのクリフォード・ジャーヴィスも同様にブルー・ノート・デビューということになる🎵🎵🎵

 

youtu.be

 

<曲目>

1.オープン・セサミ

2.バット・ビューティフル

3.ジプシー・ブルー

 

<パーソネル>

フレディ・ハバード (トランペット)

ティナ・ブルックス (テナー・サックス)

マッコイ・タイナー (ピアノ)

サム・ジョーンズ (ベース)

クリフォード・ジャーヴィス (ドラムス)

 

1960年6月19日録音